クモのようにコツコツと

フロントエンドエンジニア イイダリョウの技術ブログ。略称「クモコツ」

【React】Next.jsのデプロイ:Vercelがまったく・カン・タンだ!

Next.jsの続きです。前回はNext.jsを事始めでインストール、ページ設定、表示まで行いました。今回はクラウド上にデプロイします。Reactと同じくGitHub Pagesにデプロイしたかったのですが検討の結果、Vercelがシンプルに設定できました。それではいきましょ…

【React】Next.jsを事始める(インストール、ページ設定、表示まで)

Reactの続きです。前回はReactのSPA環境で動的OGPを設定したがうまくいかず、Topページのみに静的OGPを設定しました。それで気になったのがNext.js。SSRだとサーバ上にNode環境が必要だがSSGならローカル環境で完結するかもしれない。それではいきましょう!

【React】OGPはつらいよ ーSPAでの動的OGP・失敗編ー(Reactアプリスターターキット)

Reactスターターキットの続きです。前回はfavicon画像の作成、推奨サイズ、スマホ向け設定などを行いました。今回はSNSにシェアした時に表示されるOGPを設定します。helmetを使ってルーティングのページごとにOGPを設定しましたが、SPAでは動的なOGPはうまく…

【React】favicon画像の作成、推奨サイズ、スマホ向け設定など(Reactスターターキット)

Reactスターターキットの続きです。前回はOtherページをAboutページに変更し、ルーティング設定も変更しました。今回はこれまで後回しにしてきたCreate React App環境でのfavicon設定もしたく。推奨サイズやスマホ向けの設定方法などをおさらいできました。…

【React】OtherページをAboutページに変更、ルーティング変更(Reactスターターキット)

Reactの続きです。前回はstyled-componentsにフックの値を設定し、動的にスタイルを変更しました。ジャンプ率ジェネレーターが完成しました!この時、otherページをaboutページに作り替えたのですが、aboutページについては今後も使いそうなので、Reactスタ…

【React】styled-componentsにフックの値を設定し、動的にスタイルを変更(ジャンプ率ジェネレーター完成!)

Reactジャンプ率ジェネレーターの続きです。前回は独自フックで関数を抽出し、全てのツマミが動いくようになりました。今回はこのツマミの値をstyled-componentsに埋め込んで、動的にCSSスタイルを変更させたく。それではいきましょう!

【React】独自フックで関数を抽出、全てのツマミが動いた!(ジャンプ率ジェネレーター)

Reactジャンプ率ジェネレーターの続きです。前回はフックでonChangeイベントを設定しました。ようやく一つ目のinput(range)のツマミが動きました。今回は残りの二つも動かします。独自フックで共通した処理を関数として抽出しました。それではいきましょう!

【React】フックでonChangeイベントを設定、ツマミが動いた!(ジャンプ率ジェネレーター)

Reactジャンプ率ジェネレーターの続きです。前回はAboutページ作成とinput(type="range")タグの配置を行いました。しかしinputタグに初期値valueを入れたらツマミが動かなくなりました。今回はこのツマミを動かすべく、onChange設定をしたいきたく思います…

【React】Aboutページ作成、input(type="range")タグ配置(ジャンプ率ジェネレーター)

Reactジャンプ率ジェネレーターの続きです。前回は環境構築編でした。今回からは具体的な内容に入っていきます。まずotherページをaboutページに変更し、メインページにinputタグ(type = range)を配置しました。それではいきましょう!

【React】文字ジャンプ率ジェネレーターを作るシリーズ始動!(環境構築編)

Reactの続きです。前回はReact + TypeScript + CSS in JS環境のスターターキットを作りました。今回からこれを元にアプリ作りに入っていきます。最初に作りたいのは文字ジャンプ率ジェネレーター!今回は初回ということで、既存のGitHubリポジトリをクローン…

【React】React + TypeScript + CSS in JSスターターキットを作る(アプリ作る人に俺はなる!)

Reactの続きです。前回まで、メタ言語(EJS + Sass(SCSS) + TypeScript)スターターキットの内容をReact + TypeScript + CSS in JS環境で再現してきました。今回はこれをリファクタリングして、今後ReactでWebアプリを作るためのスターターキットを作りたい…

【React】React RouterでSPAのルーティング設定(下層ページの404対策も)

Reactの続きです。以前作成したReact + CSS in JS + TypeScript環境にReact Routerを使ってルーティング設定をして複数ページを遷移できるSPAにします。helmetを使ってコンテンツだけでなくheadタグも動的に変更。さらに下層ページに直接アクセスすると404に…

【React】フックとRealtime DatabaseをFetch APIで連携(React + Firebase環境)

Reactの続きです。前回はフック(React Hooks)とjson-serverをFetch APIで連携しました。今回はフックとRealtime DatabaseをFetch APIで連携します。Create React App環境にFirebaseをインストールしてクラウド上のRealtime Databaseのデータを読み込めるよう…

【React】フックとjson-serverをFetch APIで連携(Reactライフサイクルの理解)

Reactの続きです。前回はフック(React Hooks)を事始めました。基本のフックuseState、useEffect、useContextを体験しました。今回はこのフックにFetch APIを使ってjson-serverのデータベースを連携してみました。最初、処理実行のタイミングがうまくいかず、…

【React】フック(React Hooks)事始め:useState、useEffect、useContext

Reactの状態管理シリーズの続きです。以前はステート、コンテクスト、Reduxなどいろいろやって来ましたが、フック(React Hooks)はまだやっていませんでした。コンテクストはクラスコンポーネントでしか使えませんでしたがフックは関数コンポーネントでも使え…

【React】ピュアなTypeScriptモジュールを追加してみる(Reactとメタ言語の比較-6)

Reactの続きです。前回はstyled-componentsのcss helperでスタイルを継承し、CSS設定を完成させました。今回はTypeScript編。以前メタ言語スターターキットで作ったTypeScriptのモジュールをReact環境に追加してみます。処理の対象はReactの仮想DOMです。そ…

【React】styled-componentsのcss helperでスタイルを継承(Reactとメタ言語の比較-5)

Reactの続きです。前回はstyled-componentsのcreateGlobalStyleでbodyタグにCSS設定をしました。今回はcss helperでスタイルを継承します。前回一回リセットされたCSSスタイルは今回復活できました♪Sass(SCSS)との比較も行います。それではいきましょう!

【React】styled-componentsのcreateGlobalStyleでbodyタグにCSS設定(Reactとメタ言語の比較-4)

Reactの続きです。前回はJSONデータをJSXに読み込んで表示しました。今回からはCSS編に入っていきます!メタ言語スターターキットのSass(SCSS)の設定をCSS in JSに組み込んでいきます。今回はstyled-componentsのcreateGlobalStyleでbodyタグにCSSを設定しま…

【React】JSONデータをJSXに読み込んで表示する(Reactとメタ言語の比較-3)

Reactの続きです。前回はreact-helmetでheadタグの中身を動的に打ち替えました。今回はHTMLのテキスト部分を外部JSONデータからJSXに読み込みます。インラインのタグを認識するためにdangerouslySetInnerHTMLを、JSX内でループするためにmap()を使いました。…

【React】react-helmetでheadタグの中身を動的に打ち替える(Reactとメタ言語の比較-2)

Reactの続きです。前回は以前作成したメタ言語スターターキットの内容を移植してHTML部分をコンポーネント化しました。今回はheadタグを動的に打ち替えたく、react-helmetを使ってみます。それではいきましょう!

【React】HTMLコンポーネント化(Reactとメタ言語の比較-1)

Reactの続きです。前回はReact + TypeScript + CSS in JSの開発環境を作りました。今回から以前作ったメタ言語スターターキットの内容をReact環境に移植してみます。まずはHTMLのコンポーネント化から。それではいきましょう!

【React】React + TypeScript + CSS in JSの開発環境を作る(Gitエラー対処も)

Reactの続きです。前回はReact + TypeScriptの開発環境を作りました。今回はここにさらにCSS in JSも追加してみます。TypeScript環境でCSS in JSを動かすには「@typesパッケージ」が必要なこともわかりました。また、Git設定でいろいろなエラーに遭遇したの…

【React】React + TypeScriptの開発環境を作る(デプロイまで)

Reactの続きです。前回までReactのいろいろなCSS環境を試しました。今回からはReactとTypeScriptの開発環境を作ります。Create React AppでのTypeScript導入方法があったのでトライ。GitHub Pagesのデプロイまでできました。それではいきましょう!

【Firebase】Authenticationでログイン設定を作る(メール/パスワードによるユーザー認証)

Firebaseの続きです。前回はRealtime DatabaseにFetch APIでCRUD操作しました。作ってみて気がついたがこのままだと誰でもデータを編集できちゃう。そうなってくると必要なのはユーザー認証設定。Authenticationで実現できるようなのでトライ。ドキュメキュ…

【Firebase】Realtime DatabaseにFetch APIでCRUD操作する

Firebaseの続きです。前回はRealtime Databaseにブラウザから直接CRUD操作しました。この時はset()などRealtime Databaseに予め用意されたメソッドを使いました。その後、APIのURLがあることがわかったので、Fetch APIによるCRUD操作にトライ。それではいき…

【Firebase】Realtime Databaseにブラウザから直接CRUD操作する

Firebaseの続きです。前回はアプリを追加してFirebase CLIでFirebase Hostingにデプロイしました。今回はRealtime Databaseを設定してブラウザから直接CRUDしてみます。Firebaseドキュメントが膨大で自分的には結構難産でした。内容はいつもDB事始めでやって…

【Firebase】アプリを追加してFirebase CLIでFirebase Hostingにデプロイする

Firebaseの続きです。前回はFirebaseのドキュメントを読み始めて、プロジェクトを作成しました。今回はアプリを追加してFirebase CLIでFirebase Hostingにデプロイしてみます。ドキュメントの梯子旅になりましたwそれではいきましょう!

Firebaseを事始めるためにドキュメントを読み始める(プロジェクト作成も)

Firebaseはブラウザから直接操作できるデータベース。存在は前から知っていたがなかなか手を付けられず。周回遅れでもいいからどんなものか知っておきたくドキュメントを読み始めています。内容が結構膨大でどこからつけていいのやら…とにかく整理してみます…

【React】UIフレームワークMaterial UIでマテリアルデザインを事始める

Reactの続きです。前回はstyled-componentsでCSS in JSを事始めました。今回はUIフレームワークMaterial UIを事始めたいと思います。その名の通りGoogleが提唱するマテリアルデザインのスタイルを簡単に設定できるツールです。それではいきましょう!

【React】styled-componentsでCSS in JSを事始める

Reactの続きです。前回はCSS ModulesでCSSとSass(SCSS)のローカルスコープを作りました。今回はstyled-componentsでCSS in JSを事始めてみます。CSS Modulesと同様にランダムな文字列がclass名が振られる形ですが、CSSファイル読み込みではなくJSファイル内…