クモのようにコツコツと

フロントエンドエンジニア イイダリョウのブログ。略称「クモコツ」

【Googleアナリティクス】ユーザー分析の基本(ユーザー、セッション、PV)

Webサイトは作って終わりじゃない!作ったあとの分析も大事。アクセス解析Googleアナリティクス(GA)といっても過言ではない必須ツールですが、最初は膨大な数字の山に戸惑いますよね。

今回はWebサイトの目的、GAの導入、そして大事な3つの数字「ユーザー」「セッション」「PV」を解説。Webデザイナーでも知っておきたいWebマーケの基本!

Webサイト、なんのために作ってますか?

Webサイトで何かしらの「コンテンツ」を発信するからには自分以外の「誰か(ユーザー)」に見てもらいたいわけですよね。

見てもらったあと、どんなアクションをしてもらいたいか。それがWebサイトの「目的」です。Webサイトが100サイトあったら目的は100通り、それぞれ違うと思います。

大きくわけるとこんな感じでしょうか。

  • 認知度アップ、ブランディング
  • 問い合わせ、応募、会員登録
  • 商品、サービスの購入(ECサイト
  • 広告収益(クリック報酬、成果報酬)

目的を達成するためには、ユーザーにまずサイトを知ってもらう必要があります。そのあと来訪してもらい、コンテンツを見てもらい、最後にアクションしてもらう。これでようやく目的達成です。

  • サイトを知ってもらう
  • サイトに来てもらう
  • コンテンツを見てもらう
  • アクションしてもらう

アクションにいたるまでの道のりは長く、大切なのはなんといってもコンテンツです。人の役に立ったり楽しませたりといった、魅力のあるコンテンツを作ることが第一義です。

Googleアナリティクス(GA)を分析することで、ユーザーが実際にどんなアクションをしたかが見えて来ます。

  • ユーザーがいつ来たか
  • ユーザーがどこから来たか(参照元
  • ユーザーがどのページを見たか(ページビュー)
  • 何ページ見たか(回遊)
  • ユーザーがどんなアクションをしたか(イベント、コンバージョン)
  • どのページからサイトを離れたか(離脱)
  • どんなユーザーか(傾向、閲覧環境など)

つまり、自分の意図、目的に対する結果の答え合わせができるということです。

GAの導入手順

GAはGoogleが提供している無料サービスです。利用するにはGoogleアカウントとGoogleアナリティクスの登録が必要です。

全体的にはこんな流れです。

  • Googleアカウントの登録(※アカウントがない場合)
  • Googleアナリティクス の登録
  • 「管理」>「プロパティ」にサイト情報を入力
  • 「トラッキングID」を取得
  • 「トラッキングコード」をページに埋め込む

※参考:Googleアナリティクス導入時の設定・設置方法【初心者向け】|アクセス解析ツール「人工知能AIアナリスト」ブログ

ラッキングID、トラッキングコード

GA管理画面の「トラッキングコード」を開きます。

f:id:idr_zz:20181115212929j:plain

「トラッキングID」とはUA-000000000-1のような値です。000...の部分は固有の数字が入ります。あなたのサイトとGoogleアナリティクス管理画面を紐づける大事な値です!*1

「トラッキングコード」はこんな感じです。

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-000000000-1"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'UA-000000000-1');
</script>

「トラッキングID」が2箇所見受けられますね。

  • scriptタグのsrc属性のURLにあるパラメータ?id=以降
  • gtag()メソッドの第2引数

なお、トラッキングコードを貼る場所は<head>タグの直後とのことです。え?ほんと?文字コード<meta charset="utf-8">より前なのかい?

</head>の直前や</body>の直前に貼ってる例も結構見受けられる。一応それでも計測はされているはず。

ちなみに管理画面からはgoogleのその他のWebマーケサービス(サーチコンソール、アドセンスアドワーズなど)とも連携が可能です。

ホーム画面

GAを開くと、まず最初に「ホーム」画面が開きます。こんな画面です。

f:id:idr_zz:20181115215305j:plain

主要な情報がパネル状にならんでいます。パネルの左下で期間の変更、右下で詳細ページに飛べます。

  • パネルの左下→期間の変更
  • パネルの右下→詳細ページへ

数あるパネルの中でも左上のパネルは一番最初に目につき、面積も大きいですね。ここから「ユーザーサマリー」をクリックします。

ユーザーサマリー

「ユーザーサマリー」画面が開きました。左メニューでは「ユーザー」の「概要」ですね。

f:id:idr_zz:20181115215925j:plain

  • 右上:日付から期間が変えられます
  • 線グラフ:時系列の変化が見えます
  • 左下:項目ごとの数値が表示されています
  • 円グラフ:新規ユーザーとリピーターユーザの比率です。

画面は2018年10月の画面です。線グラフは「ユーザー数」の推移です。私のブログ平日と土日では圧倒的に平日に見られています(笑) また、円グラフを見ると、ほとんどが新規ユーザーとわかります。

次に左下の項目を解説していきましょう。

ユーザー、セッション、PVの違い

左下には項目がいくつか並んでいますが、この中で大事なのは赤ワクで囲った3つ、「ユーザー」「セッション」「PV」です。

  • ユーザー:訪問人数
  • セッション:訪問回数
  • ページビュー数(PV):訪問ページ数

一見すると違いがよくわからないですよね…。Webサイトをお店に例えて考えてみましょう。

例えばあるスーパーがあったとします。

  • スーパー=Webサイト
  • 売り場=ページ
  • ユーザー=お客さん

売り場は「肉」「魚」「野菜」「果物」「飲料」の5つ。
お客はAさん、Bさん、Cさんの3人。

  • Aさん:肉→魚→野菜→(店を出る)=1セッション、3PV
  • Bさん:肉→果物→(店を出る)=1セッション、2PV
  • Cさん:飲料→(いったん店を出る→再来店)→肉→野菜→(店を出る)=2セッション、3PV

ここから導き出されるスーパー全体の分析はこうなります。

  • スーパー全体:3人来店、4回来店、売り場8回来訪=3ユーザー、4セッション、8PV

ざっくり数字でイメージできましたでしょうか?この数字の桁(ゼロ)を増やすとGAの実数になります。

ユーザー、セッション、PVで割り出せる指標

ユーザー、セッション、PVを比較すると割り出せる指標があります。先ほどの画面の別項目になります。

  • ユーザーあたりのセッション:ユーザーが1セッションの来訪で回遊するページ数
  • ページ/セッション:全体の訪問に対する訪問回数

スーパーで例えるとこうなります

  • ユーザーあたりのセッション:4セッション/3ユーザー=1.33(お客さん一人あたり平均で1.33売り場に来訪)
  • ページ/セッション:8PV/4セッション=2(1回の来店あたり平均で2売り場に来訪)

その他の項目

その他の項目は項目名で想像がつくと思います。

  • 新規ユーザー:ユーザー数の中で初めてサイトに訪れたユーザーです。右の円グラフの実数です。
  • 平均セッション時間:1回の来訪で何分止まったか。時間が長いほどコンテンツを読み込んだり多くのページをみてくれていることになります。
  • 直帰率:最初に来訪したページから他のページに回遊せずにすぐに離脱(別サイトに飛ぶかブラウザを閉じる)した比率です。

新規とリピーターはどちらが多い方がいいと言い切れないですね。新規だけだと定着率が低い、リピーターだけだと普及率が低いということになります。

平均セッション率は長いほどいいですね。直帰率は低いほどいいです。

最後に

ユーザー、セッション、PVの理解はGAのはじめの一歩です。数字の羅列から画面の向こうにいるユーザーの感情の動き、アクションを想像できるようになりたいものです。GAはできることが多すぎてとても奥深いです。シリーズ化していきます!

私もまだまだ真髄まで達していないので、一緒に使いこなせるようになりましょう!

*1:ブログやCMSによってはトラッキングIDを管理画面にペーストして完結する場合もあり。はてなブログもそうです